建物に巣を作ったコウモリ撃退方法

subpage1

アブラコウモリは主に人間が作る住宅の屋根裏や建設物の隙間などに生息しています。
人家のあまりない山間部にはほとんど存在しません。



日本中の都市部を生息地としている他にも、シベリア東部からベトナムまで広い範囲に存在します。
冬は冬眠する習性を持ちますが、環境の変化により冬眠しない場合もあります。

日本では一般的に11月から冬眠期です。アブラコウモリのコミュニティは基本的にメスと子供から構成されており、その数は数頭から50頭、多い場合には100頭以上になります。

成獣のオスは基本的に単独行動です。
蚊やウンカなどの害虫を含め様々な小型昆虫を主食とします。
そのため益獣としての面もありますが、大量のアブラコウモリが屋根裏などに巣を作った場合には駆除が必要になります。アブラコウモリは騒音被害をもたらす他にも、糞尿による悪臭やダニ、ゴキブリなどの害虫を発生させます。
建物に巣を作ったコウモリ撃退方法とは追い出し、清掃、忌避剤の散布、そして侵入経路の封鎖です。


命を奪ったり捕獲することは鳥獣保護法により禁止されています。

NAVERまとめの情報が満載です。

一般的にプロの駆除業者は環境大臣か都道府県知事から捕獲の許可を得ています。
しかし基本的なコウモリ撃退方法はやはり追い出しです。

ただコウモリを追い出しただけでは、再び巣を形成されてしまう可能性が存在します。

効果的にコウモリ撃退を行うには、忌避剤を散布したり侵入経路を塞ぐなど徹底した対策が必要です。



生活について情報

subpage2

具体的なコウモリ撃退法とは追い出し、清掃、消毒、忌避剤の散布、そして侵入経路の封鎖です。これらの作業を個人で行うことも可能ですが、多少手間がかかります。...

more

知っておきたい常識!

subpage3

一般的な家庭のねずみ駆除の商品は、かご型のワナ、粘着シート、毒エサなどホームセンターや薬局などで手軽に購入することができます。しかし、ねずみは用心深いのでワナや毒エサにかかるまでに時間が必要です。...

more

生活の事柄

subpage4

昔のヨーロッパではねずみが原因でペストが大流行して多数の死者も出てしまいましたが、現在でもねずみは完全に駆除出来ておらずにいつの間にか家に住みついて、生ごみを食べ散らかしたり排泄物をまき散らしています。他にも柱をかじってしまったり電気コードを噛んでショートさせるだけでなく、最悪の場合は火事になると言う被害もあります。...

more

学ぼう生活の事

subpage5

家の中に住み着くねずみというのは、小さなハツカネズミもいれば、大きなドブネズミもいます。ハツカネズミ程度なら可愛いところもありますが、ドブネズミやクマネズミなどが家の中にいたら大きな問題です。...

more