具体的なコウモリ撃退法とは

subpage1

具体的なコウモリ撃退法とは追い出し、清掃、消毒、忌避剤の散布、そして侵入経路の封鎖です。


これらの作業を個人で行うことも可能ですが、多少手間がかかります。


まず一般的な市街地の夕方に目撃することができるコウモリとはアブラコウモリのことです。
アブラコウモリは住宅その他の建物の屋根裏や隙間に侵入して巣を形成します。

基本的にアブラコウモリの成獣となったオスは単独行動ですが、メスと子供たちは集団で生活します。



集団は50頭から60頭、多い場合には200頭を超えることもあります。冬は基本的に暖かい場所に集まって冬眠を行うのですが、都市部における環境の変化により冬眠しないコウモリが見られるようになりました。
日本列島以外の台湾などにも生息し、日本では11月の中旬ころから冬眠を開始します。

多数のアブラコウモリが屋根裏などに住み着くと騒音被害をもたらします。
また糞尿をまき散らすことになるため悪臭やダニなどの害虫が発生する原因となります。

一方アブラコウモリは蚊やウンカなどの害虫を食べる益虫としての側面もありますが、基本的に建物に巣を作られてしまった場合には駆除が必要です。

アブラコウモリ撃退法は鳥獣保護法により保護されているため、主に追い出すという形がとられます。

ロケットニュース24に関する情報満載のサイトです。

また追い出すだけでは戻って来る可能性もあるのできちんと清掃、消毒、そして忌避剤の散布をすることが必要です。



最後に侵入経路を封鎖します。

コウモリ撃退には専門的な技術が必要となるので専門家に依頼する方が簡単な方法です。